ラビット

S301AT キャブレター刻印

↓予備キャブ ↓元々付いてたキャブ どっちが正解?時代が時代だけに、どっちも正解の可能性も有り? 因みにインナーパーツは完全に一致、同じモノが付いてました。 まぁ素直に取るとツーリングの「T」だよなぁ~。

S301AT クラッチチェック

ロックワッシャに再利用の跡=外した形跡。ココ対角9mm、旧JIS時代の乗り物です。 他にもM5以下のネジはピッチも違う旧JISなんで、要注意です。 イソネジ突っ込んでちょっとシブいなぁ~=ナメてますから、ソレ。 ファンカバーとかエアクリとか外装部品系、…

A301AT キャブレターの油面を変えてみた

23、24、25mmと一通り試してみましたが何の変化も感じられません。 良い意味で恐ろしく鈍感なキャブ、かかって動くってトコが重要だった時代のバイクって鈍感ですよね。 ただ、どの時代だろうがドンピシャはあるし、鈍感ゆえに見極めが難しそうな気がします…

S301AT マフラー清掃

新元号ネタ。 Derek And The Dominos - Layla エリックを思い出したのはオレだけじゃないハズ。♪レェィーィワァ♪ ちょろっと乗ってみたんですが、やっぱ超もたつく。 行き足付いたらまぁまぁ走るんだけど、ゼロ発進は最悪。 パワー不足?な感じ、ストールし…

S301AT クラッチレバーの遊び

エンジン回転数を2~3千にして・・・なんて物の本には書いてありますが、現代の常識で考えると? ハテナが一杯。 論より証拠、 S301 クラッチレリーズレバーの動き ははぁ~成程。 遠心力でクラッチ本体が外側にせり出してくる=レバーが後方に動くって事です…

S301AT クラッチカバーからのオイル漏れ修理

ネジ固着なしスムーズに回る=昨今開けたっぽい 当時物紙ガスケットが縮んでおり、再利用するには余りにも酷なコンディション。 折れちゃってるし。 これだもん、エンジン掛けたら漏れるわな。 スバル行ってもケースカバーG/Kなんて売ってくれるワケ無いだろ…

S301AT キャブレターチェック その2

チャージランプが点いたり消えたり(要はアイドリング回転)辺りの安定、ココからの吹け上がりが問題。 部品取りキャブに換えてみましたが、結果変わらず。 どれもこれもノズルの減りや荒れも無く、見た目は上物。 エアスクリューも前回同様半回転戻し、これ…

S301AT 燃料コック清掃

予備にすると出て来ない。 詰まってました。 この茶色の塗料って、新車時の防錆塗料らしい。

S301AT 圧縮と火花チェック

圧縮は最後の2キロが上がりにくかったけど、暫く動かしてないみたいだしこんなモノかな?と思います。 点火はバッチリ、バッテリー点火って安定して青白い火花が出ますね。

S301AT ブレーキレバー交換

ヘンテコなレバー(スズキのスクーター用かな?)が付いてたんですが、ホルダと全然あって無い。 フツーのネジだとマズイんでないかい? このサイズ、ありそうで無いサイズ。カブ用より一回り細い。 コレ、スズキにあったようなサイズだな。 但し、旧JISとい…

S301AT キャブレターチェック

特に問題無さそうですが、油面チョイ低め。 メインエアジェット(メインノズルへのエアブリード経路)が若干詰まっておりました。 あと、合わせ面のOリングがペッタンコ。フロートカバーG/Kも換えた方が良いですね。 コレだけ燃調キットから拝借しました。 …

S301AT クラッチ、ミッション操作系チェック

前の東京オリンピック時代のスクーターなんで、何も判らんとです。 ただ当時はスクーター=ラビットって位の知名度&普及度だったみたいなんで、完成度が高かったと予想。 実際、今でも走ってるのが多い信頼の富士重工製。 前回はトルコン、今回は3速マニュ…

S301BH ポイントのヒール部補修

3,2φのリベット買ってきて打ち込んでみました。 ぐらつき無し、強度はリベットサイズアップで上がってるハズ。 始動確認、勿論OK。 後は搭乗員自身が走る実験室。 そーいや、一ヶ月前ぐらいから「ヒュィィーン」って音がするっていってたなぁ〜ひょっとして…

S301BH 点火しない

連日、好調に走ってたんですが突如エンスト。 ウンともスンともドカーンとも言わない手押し車と化しました。 搭乗員曰く「火花が㌧出ない」との事。 ポンコツ道に邁進すると、直せなくても何が起きたか判るようになるんですね。 人間って凄いね。 ハイ正解、…

YBR125の燃料コック

F9のコックについて調べてたら、色々なコックを見る事になりまして。 その中で、YBR125のコックがラビットのストレーナーと似たようなヤツ使ってたり、DT200Rにも付きそうなコックだったりと気になったんで、メモ代わりに日記帳に書いておこうかと。 支那ヤ…

S301BH ライトバルブ交換

約半世紀の眠りから覚めて、走行開始から約1ヶ月。 あっけなくライトバルブが昇天しました。 シールドビームなんで、丸ごと交換が原則なんですが・・・新品が有る訳無い。 チビった中古買うのも論外だし、この先の事を考えるとバルブだけ交換出来るようにし…

S301BH 無事始動 チェンケースオイル交換

あれほどビビッてた始動の儀式、本日はチョーク引いて0,5秒で始動。あっけない・・・。 ファンが回ってるのが動いてる証って事で。 決して反対側でグルグル回してるワケではない。 用水ポンプ的な「ポンポンポン」という音がします。昭和の田舎くせぇ音です…

S301BH キャブレター再点検〜チョークプランジャ清掃とインシュレーターのOリング〜

「パンッ!」って鳴ってから一ヶ月も経っちゃったんだなぁ〜もう秋です。 やっぱキャブだろうという事で、再点検。 チョークバルブが中々抜けず、気合が必要な状態。 動作不良で戻らなくなったら大変なので、再清掃。 この手の汚れには、やっぱ割り箸が最強…

S301BH スズキ純正ニードルバルブに交換

かつてはホンダ、今は旧車に一番優しいメーカー、それがスズキ。 (シーラカンスバイクが現役って事・・・おっとっと。) まあ常紋トンネルよろしく、人柱になってみるかと。 並べて比較。 頭が8mmと10mmの違いが大きな違いでしょうか。ねじ山の切り方も多少…

S301BH フロントカウル取り付け

下の2個が折れてたり。大幅に穴の位置がズレてたりと。 バイスで掴んでこねくりまわすというビンテージスタイル。 奇跡的?に無事取れました。 種を植えました。 ↓ふたばが出ました。 ↓無事咲きました。 あさがお日記おわり。

S301BH ライト装着

何故イチイチ報告するのかってぇ〜と、取り付けネジが全部折れてて大変だったのよ、これが。 特に下の鉄仮面。全部折れてて、下の取り付け穴なんて折れたボディー側が残ってたりさ。 これをヤフオクで買ったってぇ〜んだから、買うほうも売るほうも、どうか…

S301BH ウインカリレー交換

超高速ハイフラッシャー状態。ベロを調整しても点灯時間が短すぎて×。 コイルが焼けてるみたいで、どうしようもない。 しょうがないので、今時の日本電装製黒い樹脂ケースのヤツに変えたんだけど、これにはウインカーインジケーター用の配線がありません。 …

S301BH 点火時期調整

おお、誉エンジン的な真ん丸シリンダー。 ラビットとは直接関係ないけど、誉って手作業でシリンダーフィンを削ってたんだぜ。職人の技?そりゃ戦争に負けるわな。 フィンとシュラウドの間に昭和の思い出びっしり満載。 したがって、上側シュラウドも外しまし…

S301BH 始動するも・・・

すぐかかったんだけど、 オーバーフロー。 50年前のポンコツですから当然、出ます、抜けます、臭います。 で、あっけなくエンスト。 しつこくセルを回したらアフターファイヤーも発生。こゎぃょぉ。 今日の再始動は中止。 スズキニードルバルブを試すのは、…

S301BH コック分解清掃

現在の感覚だとドキドキしちゃう、コルクパッキン。♪マジで爆発5秒前♪ スッカスカなノブの回し心地でしたが、一晩ガソリンに漬け込んで置いたらあら不思議、復活しました。 凄いなぁ〜戦時中みたい。 中島だから、焼結ケルメット的なネタだな。流石にコック…

S301BH キャブのOリング

ジェットニードル下部。 パイロットジェット。 メインジェット底のOリングが中々見つからず。 P-12(2,4×11,8×16,6)だと外径は良い感じなのですが、太さが足りず。一段階上の3,5クラスだと内径の最小サイズが28,7mmしかない。 恐らく、インチサイズのOリン…

S301BH キャブレター内部チェック

ダクトを外してみたら、 とっても綺麗。臭いもなし。勿論、スロットルバルブはサクサク動きます。 良い意味で嫌な予感。 やっぱり。予感的中です。 腐り全く無し。真鍮ピカピカ。 右に見えますのが、メインジェットでございます。メインノズルを兼ねてる不思…

S301BH マフラー塗装

アサヒペン、錆止めブラァ〜ック。 こいつが根性あるんだよね。 剥がれ難いし、2ストのサイレンサーなら全然イケますよ〜。 で、昨日まで掛かったエンジンの汚れ落としも終わったんで、 装着。 黒光り、良いねぇ。

S301SH フネを外してみた

外れるんだんね、コレ。 最初から外しておけば良かった。 ついでで、ついつい、 こうなちゃったワケ。 で、清掃。 ↓清掃前 ↓清掃後 スタンドの兄ちゃんもびっくり、ホンモノの真心洗車です。 ウルセーヤツいるから言っておくけど、この後リアサスも外して清…

S301BH マフラーの穴埋め

変成シリコンシールでどれ位持つのか?じっけん、じっけん。 走る実験室。 錆の塊をいくら溶接しても、基本直らんしさ。 2ストのマフラー、特にサイレンサーって余り高温になりません。高温になるんだったら、カーボンも溜まらんて。 塗装は普通の塗料で全然…