フロントブレーキ清掃

取り回しの時点で、初期制動が全く感じられないので分解してチェック。

ブレーキダスト、錆で大変なことになっておりました。
各種器具を駆使して清掃。
フィニッシュにエアブロー。
アスベストの粉が舞いあがります。
原発近辺よりよっぽどヤバイ空気の状態です。
ベクトルでシーボルトっすよ。
グレイってあれだろ、函館出身のロックバンドでさ、「ヤガテクールー」て歌ってたやつらだよな。
なんかよくわからんけど。


取り合えず、ブレーキタッチは回復しましたがレバーをゆっくり握ると最後の最後がちょっとだけ戻りません。
どうやらワイヤーの動きが悪いようです。
隙間が殆どないブレーキワイヤーなんで、ビンテージスタイルで注油。
先ほど交換した使用済みオイルをコンビニ袋に入れて下にちっちゃい穴開ける。
その穴にワイヤー突っ込んで、オイル漏れないようにビニテぐるぐる巻き。
これで一晩置いておけば、明日の朝には注油完了って寸法。

中の錆、汚れがひどいと中々下まで落ちないんだよなぁ。