プラグがかぶる、吹けが悪い

始動後、2〜30秒ぐらいはいい感じなんですが、その後アイドリングが不安定に。
吹け上がりも心なしか悪いし、排ガスが臭い。
プラグの状態は、真っ黒で乾燥した状態。


とりあえず、メインジェットのOリングとその横のツッペ用ゴムを新品に交換。

ここから、ガソリンすってしまうと濃い目の症状でたりします。
交換後試運転。
症状変わらず、プラグも真っ黒。


次にチョークチェック。
バッテリーに直接繋いで、動作見てみると動いていないのを発見。
ばらして、シリコンスプレー吹いて清掃してみたら、作動するようになりました。
全然手ごたえないですが、動く事は動くようになったのでよしとします。


冷間時始動前の状態↓

5分程暖気した後の状態↓

丸い突起物がでっぱって来てるのが判りますでしょうか?


今まで、チョーク効いたままで走行していた状態だったようです。
そりゃ、アイドリングがハーレーの変拍子みたいな状態になるわけだわな。
試運転は夜遅くなっちゃったのでヤメ。
明日、乗ってみてよけりゃ、引渡し予定。