リアショック磨き

バタバタしてて、中々進まないXL。



この時代のリアショックって、スプリングコンプレッサーさえあれば簡単にバラせるので、色々素敵です。
スプリングを外せば、ショックの抜け具合も明確に判りますし。押して、戻ってこないショックは抜けてます。まともなら、ちょっと気合を入れないとロッドを押せません。
この車両のリアショックは、全く抜けてないという年式を考えれば奇跡的なコンディション。
イニシャル最弱でも、全然フワフワしません。ってか、初期設定硬すぎじゃね?当時のホンダ。



リアショックだけ最高だと、周りの汚さが目立つなぁ〜。