5FC2 メーターギア交換

パーツリストでは単品で頼めない、ギアのみをマニアックに発注。

どうやって部品番号を見つけるのって?
部品にある3PPって機種コードとメーターギア単品の中番5桁を組み合わせて、パーツ検索→部品あり→合うかどうかは運次第、合えばエクスタシィー。
今回はバッチリ同じ部品でした。


で、どうしてギアが舐めたのかを調べないと、元の木阿弥状態になること必至。
ワイヤーの固着が一番怪しいんだけど、問題なし。
何とメーターが固着しておりました。
何時もメーターテストに使う、ワイヤーの先っちょ切断したやつ、速攻切れるレベルの固着。
こんな場合だと、ワイヤー切断よりメーターギア舐めたほうが安上がりではあります。
どこを壊すかの設計思想の問題なのかな。う〜んエセックス級空母みたいだ。


観察してみると、ワイヤー取り付け部直後が錆で固着しているらしい。
このバイクってゴムカバーがついてるから、かえって水溜まっちゃったんだろうね。
一撃加えれば回りそうなんで、

六角レンチ削って、世の中的には余り使う事がなさそうな特殊工具を作成。
安い工具でも硬い鉄、六角→四角に削るのって案外大変でした。
これで一発解除しました。
後はラスペネ→ドリルで強制回転→エアブローで錆汁を出すって流れ。


相当な事になってたんじゃねーの?この車両。