H3 フロントハブの構造

YB90のご先祖様なんで同じ構造かと思いきや、


アバンギャルドな造り。
見た目でも、ブレーキパネルが右に付いてるという大きな違いがあります。




アクスルシャフトも直径10mm、YB90は12mm。テレスコで10mmは珍しい。
カブやメイトなんかだと10mmが多いのですが。

6301にカラーを突っ込んで10mmに対応してるみたいです。90年代の足回り改造ブームの時、この手法がリバイバルしてましたね。


こりゃ、DT50ホイールつかねーわ。


・スポークPCD
↓H3

↓DT50

ほぼ一緒。
・ハブ幅(スポーク差込部)
↓H3

↓DT50

見た目でH3より広いなと思ったら、やっぱりちょいと幅広です。
・スポーク径
↓H3

↓DT50

一緒。


ハブ単体にて

左がYB90、右がH3です。H3のハブはドラムパネル側の厚みがあって、その分だけカラー側の厚みが無いみたい。
YB90(左)とDT50(右)は、

仕上げの違いのみで、寸法は一緒。


それと、

スポーク穴がH3=4,0mm、YB90=4,5mmです。ザクリ形状もソレに合わせて違います。