H3 DT50フロントフォークでタンクに干渉しないワガママ仕様化の顛末

漢らしくタンク凹ませれば良いのにねぇ〜勢い良くハンドルフルロック繰り返しでさ。
もしくはYBタンクを加工するとかさ。
言うほうは簡単、付けるほうは地獄。




AG200のブレーキパネル、カラーを用意。
机上の空論ではコレでいけるハズでしたが、

まだ5mmほど足りない。

ブレーキの凸凹も浅〜くしか嵌らない。
↓DT50ブレーキパネル(正規の嵌りっぷり)

恐らくAG200とはアウターチューブ形状が違うんでしょうね。
丸ごと移植?オイルシール品番から察するにAG200のフォーク径は35φ、DT250以上に漢らしい仕様になる事が予想されませう。

90年代初頭の足回り流用カスタム的手法、カラーで寸法合わせ。ミットモナイト仕様です。



DT50カラーとAG200カラー比較の図。



何時もの如く、テキトーにセンター出し&振れ取りをして、

ブレーキガイドをTT225の残骸から拝借して、

サイドスタンド長が足りなくなったのでZXR250用を加工装着して、

冷蔵庫の余りモノで作った晩飯的なバイクの完成。
多分、ポロリもあるよ。