S301AT クラッチレバーの遊び

エンジン回転数を2~3千にして・・・なんて物の本には書いてありますが、現代の常識で考えると?

ハテナが一杯。

論より証拠、


S301 クラッチレリーズレバーの動き

 

ははぁ~成程。

遠心力でクラッチ本体が外側にせり出してくる=レバーが後方に動くって事ですね。

コレだもん今時の常識っぽい遊び調整したら走行中滑るわな。

 

ただ謎なのが、入庫時の遊び

f:id:OVERFLOW:20190326191559j:plain

オイル入れたから?なのか滑りまくって、前進もおぼつかず。

f:id:OVERFLOW:20190330211810j:plain

結局、コレ位の位置じゃないと遠心クラッチが動作しないのは動画を見て頂けば判るハズ。

エンジン始動して回転上げると、クラッチレバー2/3辺りで硬くなるような感じ。

ただ、硬くなる前に切れてるっぽいんだよね・・・駆動抜ける感有るし。

ホント謎めいた遠心クラッチシステム。

 

整備分解図のイラストもこんな角度だし、元々殆ど減らないと言われてるクラッチですから、これ位にしとけば幸せになれる筈。