チョイノリ3号機 30km/hリミッター付き?みたいな症状

チョイノリ定番トラブルでしょうかね?息つき的な症状が出てセニアカーモードになるのって。

f:id:OVERFLOW:20190829183947j:plain

f:id:OVERFLOW:20190829183955j:plain

プラグは真っ黒です。

イリジウムが付いてる=症状は随分前から出てたんでしょう。

 

キャブレターは開けてみたけど、新品同様な状態。ひょっとして新品交換した?ってレベルのミントコンディション。

圧縮も十分。

f:id:OVERFLOW:20190830182658j:plain

カーボン噛みとかの可能性も無くなった。

 

続いて点火系。
f:id:OVERFLOW:20190830191303j:plain

インド製って・・・。ベスパやチャリンコバイクに付いてるプラスチックカバーのヘンテコ平型端子

 が付いててアレ?と思って外して見た次第。

点火電圧、点火タイミングのズレ等の問題無し。

ただ、回転上げてくと失火気味なのは気になるなぁ~不調が原因でプラグがカブッて失火してるとは思うんだけど、それがCDIが原因って事も有りますし、インド製ですし。

まぁ取り敢えず保留。

 

まぁアレでしょう?チョイノリと言えばカムシャフトの摩耗。

f:id:OVERFLOW:20190830163350j:plain

f:id:OVERFLOW:20190830235121j:plain

タペットカバーを外して見ると、案外マトモなアジャスターナットの位置。

減ってるとアジャスターがへっ込んでロックナットの奥になってたり。

 カムが減って無いだと!そんな訳ないだろうと疑心暗鬼モード。

f:id:OVERFLOW:20190830224735j:plain

で、結局こうなると。

エンジン下ろしてケース割って・・・と、言葉で言うと大げさですが、そこはチョイノリ

全てが軽いんで、大人だったら何とかなります。

逆にジャッキとか吊るとかした方が面倒なような気がします。

 

全く開けた形跡は有りませんでしたが、各部をチェック。

f:id:OVERFLOW:20190830234855j:plain

合わせマークは合ってる。

f:id:OVERFLOW:20190831001854j:plain

f:id:OVERFLOW:20190831001902j:plain

f:id:OVERFLOW:20190831001950j:plain

減ってるって言えば減ってますが・・・コレ位で調子悪くなるのかな?

今まで見たチョイノリはハッキリ判るレベル(2mmとか)で減ってました。

まぁ安い部品(カム約1千円、G/K約500円)なんで換えちゃいますか、取り敢えず。

 

無価値、直したら負けみたいなバイクの修理って、何だか燃えるんだよね。