2号機 キャブレター清掃

タンク内のガソリンは腐って無かったんですが、

f:id:OVERFLOW:20190911004832j:plain

 キャブレター内はこの有り様。

ただボディーの劣化、減りは少ないなぁ~ってのが第一印象。

f:id:OVERFLOW:20190911013418j:plain

スロットルバルブのコーティングに剥がれや削れなし。

ココまで黒々としたバルブ、案外入って無いよ~フルレストアなんて言っててもね。

スロットルバルブが削れてくると何となく濃かったり、アイシング起こしやすくなったりします。

気温一桁辺りで1/8開け巡航→減速しようと思ったらオートクルーズモードみたいな。

そうなるとボディーも摩耗してるんで、そんなキャブレターはフルレストア車両には使えませんよね?ね??

f:id:OVERFLOW:20190911013538j:plain

f:id:OVERFLOW:20190911013532j:plain

ちょっと人災が発生してるのは残念ですが、コレ位だったら大勢に影響は無いでしょう。


シリンダー内の状況といい、稼働時間短めの車両なのは間違いない。

 

ココ、要チェック。

f:id:OVERFLOW:20190911010449j:plain

f:id:OVERFLOW:20190911010509j:plain

一番手前のオイルライン、詰まったらアウト。必ず貫通チェックしましょう。

スローポートも重要ですが、オイルライン閉塞=死です。

錆入りタンクで乗ってると詰まるんだよねぇ(25年前に実体験済み)、なんで下から出てるんだろうね?横から出てるのが大多数なVMキャブですが、コレだけは別。

上手く混ぜようと苦肉の策?

 

f:id:OVERFLOW:20190911005411j:plain

ニードルまでは緑苔来てないから、まだマシ。減りは全く無いんでコレは再利用。

2段目になってるって事は、相当濃い症状だったんでしょうね。

 

f:id:OVERFLOW:20190911012911j:plain

ニードルバルブ受け、大丈夫かなぁ~。

まぁコレは付けてみないと何とも判らないな。

 

f:id:OVERFLOW:20190911012943j:plain

メインノズル入る部分が軽石状に劣化してり、水平線が残ってたりするようなキャブボディーってまず絶好調にならないです。良くて好調位しか望めません。

ぇえ、マイメイトのキャブが軽石状&水平線付きですから身を持って体験中、良く判ります。

 パリっと乾いた感じで乗りたいんだけどね、1TG刻印のボディーだけ欲しいなぁ~。

 

ボディーとジェット以外の金属や樹脂パーツは、

f:id:OVERFLOW:20190911170111j:plain

プロツールズの腐ったガソリン専用洗浄剤がバリ効き。

本来タンク内の腐敗ガソリン用なんで間違った使い方?ですが、試しに使ってみたらフロートの緑苔なんて30秒位で絶滅しました。

 但し、 キャブボディーや真鍮には使ったら駄目、絶対。

溶けてしまい使い物にならなくなります。

(使用済みジェットや駄目キャブで実験済み)

ピカピカにするのが目的じゃないですからね、キャブレター清掃って。