2J3キャブ パイロットスクリューの先っちょ抜き取り

f:id:OVERFLOW:20191001001247j:plain

コレね、コレ。

 

f:id:OVERFLOW:20191002012420j:plain

取り敢えず煮てみたけど駄目。

第一回総攻撃失敗。

XT250キャブの時は固着が緩くて煮てから精密ドライバーの腹でツンツンしたら抜けたんだけど、今回は激戦が予想されます。

 

そんな事をしてるうちに燃調キットが届いたので、先っちょのサイズを計測。

f:id:OVERFLOW:20191003225451j:plain

最細部で0.5mm

f:id:OVERFLOW:20191003225340j:plain

f:id:OVERFLOW:20191003225303j:plain

こんな形状だから、固着部はもっと太いハズ。

 

で、旅順宜しく第二次総攻撃開始。

28サンチ砲はございませんが、

f:id:OVERFLOW:20191005195313j:plain

f:id:OVERFLOW:20191005202929j:plain

100Wハンダゴテで局部加熱。

 

f:id:OVERFLOW:20191005174530j:plain

先っちょへの銃剣突撃用ゥェポンも買ってきた。

が、しかし二龍山堡塁は落ちず。

f:id:OVERFLOW:20191005222945j:plain

ややダメージ発生。まぁコレ位なら・・・付けてみないと判りませんが、かなりの激戦、敵味方共に被害甚大です。

これが先日までの戦況。

 

本日、第三次総攻撃。大惨事にならない事を祈りつつ。

旅順に習って作戦正面を変更、203高地ならぬ下方からの攻撃で一挙陥落を目指します。

ピンバイスで削り落としたい所なんですが、通常の刃だと短すぎて届かないのが最大の悩み。

で、模型屋で見つけました、

f:id:OVERFLOW:20191006180944j:plain

f:id:OVERFLOW:20191006181005j:plain

素晴らしい形状、まさに先っちょが折れたパイロットスクリューを穿り出す為に造られたみたいな。

コレだとスゥィートスポットにロックオンも楽勝、しかもキャップが手回し用のグリップになるという使い勝手最高な商品。

f:id:OVERFLOW:20191006182237j:plain

全然削ってる感無し、手応え無しな作業です。

ですが、切り粉少々出てるし確実に奥までいってるらしく段々ピンバイスが沈んでいき・・・約30分後、

f:id:OVERFLOW:20191006184358j:plain

遂に陥落ならぬ、貫通。

f:id:OVERFLOW:20191006225415j:plain

f:id:OVERFLOW:20191006225435j:plain

f:id:OVERFLOW:20191006225454j:plain

ややダメージありですが、ド真ん中を貫通してますし貫通部分はストレート形状なので大丈夫?

ルーペで見ると判るレベルの傷なんで問題無い事を祈ります。

 

貫通した瞬間、スパチカデポチカな時計仕掛けな感じで浮かんだ曲が↓


Elgar - Pomp and Circumstance March No. 1 (Land of Hope and Glory) (Last Night of the Proms 2012)

希望の国よ、汝が希望は冠を戴く
神は汝を一層強大にし給う
祖国の崇高な眉目の上に、敬愛と賞賛を浴びながら
ふたたび王冠は戴かれる
自由を勝ち取った汝が平等の精神は
祖国を永く、平和に治める
自由を勝ち取り、真理を保ち
我等が帝国は強大となろう

 

イギリスの第二国歌ですが・・・めっちゃ女王上げでUK最強って事でOK?

国歌を国旗振って合唱するのが世界標準って事です、ええ。