3XC1 ジェットニードルをノーマルに戻す~燃調キット1年後の状況~

 

overflow.hatenablog.com

 

overflow.hatenablog.com

↓新品時(銀色は純正ニードル、3万8千㌔使用)

↓3か月後(約1,500km)

そして、一年が経過。

約4千㌔走行したらこうなりました。

目視で判るレベルに段付き摩耗。

クリップ部ガタガタ、コレは昔から良くあるヤツですが未だ改善せず。

目で見て判るレベルでガバガバ。

固定を何とかすればもうチョイ長持ち?まぁ、無駄。

 

3万8千㌔使い込んだ純正ニードルと比較テストの結果、純正の勝ち。

・4千~6千回転でのチョイ開け巡航で「ズベベベ」もたつき気味。

・アイドリングが2百回転ほど低下、時々上がったり下がったりと不安定。

といった不具合。

1KTエンジン特有のチョイ開け津軽三味線みだれ弾き的「ペンペケペン」に元気なし。

純正新品を入れれば最高なんですが、

3XC-1490J-00    . ニードルセツト    1    あり    7,480円

というセレブ価格。

こりゃぁ、下層階級には手が出ません。

それに経験上、針より先に筒が減るミクニのキャブ。TMに限らずVMもそう。

見た目がガサガサレべルじゃない限り、体感出来る程の差が出ない傾向。

 

純正と比べればバレるレベルの不具合、まぁバレないっちゃーバレないレベルです。

こんなモンだと思えば、こんなモンって感じ。

止まるだの焼けるだのといった不具合までには至らず、ちょいかかり悪いな?プラグ換えてみるかな?みたいなプチ不調レベル。

 

だけどねぇ~4千㌔でコレは・・・純正ニードルだったら10万㌔レベルか?

まぁ、まだ使えるけど・・・ジェットニードルがグラつきまくり、1万㌔までには落ちそう。

 

摩耗が無けりゃ純正ニードル入れとけという結論。

あっという間のポンコツ化「燃調」どころの騒ぎじゃありません。

減らないニードル一本で十分です、判ってないなぁ~とブレードランナーに出てくる屋台のオッサン風に愚痴も言いたくなりますわ、コレ。

 

以上、部品が出るウチは純正買っとけという、人柱からの報告でした。

たとえ、出なくなっても今は便利な時代です。

世界各地のNOS部品を探したほうが絶対良い。

5千㌔おきにニードル交換する地獄が待ってるゼェ~。