プレス仕様 リアスパイクタイヤ制作

去年のままでも良かったんだけど・・・余計な事がやりたくなる季節なんで。

f:id:OVERFLOW:20201119192039j:plain

ド定番?のK860を使う事にしました。

前のティムソンよりトレールタイヤ然としたパターン。

コンパウンドやタイヤ剛性は安心の国産タイヤに軍配。

ハンターカブ125のおかげでIRCもGP-22の同サイズを新発売してくれたり、今後も2,50~2,75-17サイズのトレールタイヤは困りそうにないです。

問題はフロントの2.25、2.50だとフェンダーと干渉するんだよなぁ~ほっそいトレールタイヤ希望。

 

流石の国産タイヤ、ブロック剛性が高くて去年のティムソンよりピンを打つのに難儀しました。

凄く硬いんで、奥まで入れるのにもコツ&力技が必要。

 

カブの場合、センターのピンは殆ど意味無し(特にフロントは危険)ヨーイングの原因。冬とはいえ結構アスファルトが出てる場合が多いし・・・スパイクタイヤ野郎の桃源郷的なクソ硬いフラットな圧雪路面が延々と続くシチュエーションなんて滅多に有りません。

ピン数も250位から100ピン程度抜いても悪くもならず良くもならず・・・僅かに滑るようになったかなぁ~程度。

特にリアなんて元々トラクション能力がジャイロ以上、驚異の発進能力なのでボンサン位で丁度いいんじゃね?と96個で造りました。

前後とも滑るのはアタリマエ、慣れるしかないという身も蓋も無いハナシ。

ちょっとだけ同じピン数でカップピンを入れてみたくもなりますが、予算がかかりすぎるんで今回はパス。

横ズレ防止と滑り具合の判りやすさは断然カップなんで、将来的には入れたいなぁ。

f:id:OVERFLOW:20201122213813j:plain

去年みたいな抜いたり入れたりは受け付け無さそうなタイヤの硬さなんで、少な目からスタート。

足りなかったら増やせばいいし。

プレス仕様 ブレーキカムのフェルトをオイルシールに変更

 

overflow.hatenablog.com

 

去年の冬季に凍ったりしたリアブレーキ軸部。

そういや現行カブプロはフェルト2枚+オイルシールだったななんて思いだしたら止まらない。

フェルトの品番はプレス時代と共通、カムの軸径なんて皆一緒(だと思う)んで、

f:id:OVERFLOW:20201120220710j:plain

AA07のヤツを装着してみました。案の定、完全ボルトオン。

フェルトは付けるスペースが無く2枚重ねは無理ですが、ピッタリフィットしてる感じは中々よさげ。

グリス抜けや錆にも効果ありそうな雰囲気です。

 

部品番号の中番見る限りは「XL250R」なんで、イーハトーブやTLR200などアノ辺で使われたヤツ。

現行カブが発売された時、オイルシール化をウリにしてましたが・・・オイルシールを使うってのは昔も昔、昭和50年代にあったわけでして何を今更と。

フェルトと併用してるのが最新テクノロジーで新開発なのかな。

 

プレス仕様 燃費

このクソ寒い中、230kmも走ってきたぜ。

コロナだかトヨトミだかしらねーけど、低体温症にはなったぞ。アタマイタイ。

f:id:OVERFLOW:20201121200740j:plain

 往路は雨、復路は晴れ。

遂に叩き出したぜ、リッター50km/l

スロットルを可もなく不可もなく当てて乗ってやると良いみたいね。

エクスポート フォークシール交換

f:id:OVERFLOW:20201115215856j:plain

f:id:OVERFLOW:20201115215900j:plain

フォークシールだけは出ます。

トップキャップのOリングやブッシュ類、あげくにはスナップリングも「ゴソウダン」なので再利用。

 

何かで叩いたのか、プレスの先っちょ滑らせたのか傷あり。

f:id:OVERFLOW:20201115215920j:plain

f:id:OVERFLOW:20201115215926j:plain

左右ともクランプ直下に傷ありですが、ソコまでストロークしないから無視できるとして、右フォークのオイルシール直上にある傷が非常に問題。

錆なら再メッキという選択肢もありますが、打痕はなぁ~多分無理。

昔ながらのアロンアルファ作戦を発動してみましたが、いつまで持つやら。

 

=サービスデータ=

・オイル量=200cc

・油種=スピンドル油(10番位で良いんじゃないかな?)

MTX200R キャブレター清掃

前回の不動時にフロートカバー周りは概ね綺麗だったし、前搭乗員が清掃したっていうんで油断してました。

一応、レース屋さんがメンテしたらしいんですが、

f:id:OVERFLOW:20201112160304j:plain

f:id:OVERFLOW:20201112160656j:plain

ニードルジェットの清掃はしてなかったっぽい。

 

レース系の方々ってポンコツ慣れしてないから・・・レース=技術の証なのは事実ですが、基本新品同様のブツで勝負する世界。

レース屋さんにとって腐ったキャブ+交換部品が出ないなんて論外ですからね、しょうがないね。

 

レース屋さんとポンコツ屋さんは別世界、ポンコツ屋が弄った最新レーサー買う?そういう事、逆もまた然り。

ドッチが上とか、そういうヒエラルギーが別山の世界。闘う世界が違います。

MTX200R クランクシールチェック

f:id:OVERFLOW:20201111232901j:plain

あぁ~コレは駄目かも分らんね。

f:id:OVERFLOW:20201111232907j:plain

f:id:OVERFLOW:20201111232911j:plain

開けてもガソリン臭が無いから、もう少しイケるか?

一応、ワコーズの漏れ止め塗布&ケースカバーをコーキングという後ろ向きな対処療法でお茶を濁しておきました。

 

このバイク、ベアリングはおろかシールまでケース内面から圧入する構造になってるんで交換はほぼ無理。(左クランクベアリングがゴソウダンパーツ、純正ガスケット玉砕)

MBXやMTXに限らず同年代のTLM200とかアレ系も内側クランクシール採用。

この問題で滅亡してしまう車両多数かも?

汎用ベアリング62/28使うギャンブル修理もありますが・・・何せホンダだからベアリングに何か細工してそうだし。

始動時にパシュン!という方、ココは要チェックです。

 

何でこういう事したんだろうね?80年代ホンダあるあるですが、今となっては地雷化。

やっぱヤマハのクランク周りが一番素直でマトモでイイネ。

エクスポート フロントフォーク脱着SST

アウタースプリング車の悩み所、インナーチューブをどうやって持ち上げるか。

 

f:id:OVERFLOW:20201115201501j:plain

コレは偉大な発見かも?リアアクスルシャフトがドンピシャ。

f:id:OVERFLOW:20201115201219j:plain

叩いて良し、引っ張っても良し、全て良し。

色々、探したけど発想の転換

車体に付いてました、ゼロ円SST