H3E レギュレーター点検

セルリレー付きのチリル。ダイナモ同様、三菱製。

f:id:OVERFLOW:20220121225041j:plain

以前イタズラしたシルバーピジョンやラビットのヤツと比較すると、随分コンパクト。

f:id:OVERFLOW:20220121225051j:plain

上から、セル、バッテリーに電気流すか否か、電圧調整用のソレノイド。

ソレノイドの電源をバッテリー直ではなく、キーオン後に流れる線(茶色)からってヤマハ独自のメカニズム採用。

f:id:OVERFLOW:20220121225055j:plain

手前に見えるのが教科書的な表現でいうと低速、高速接点。

大東亜戦争中的な言い回しでクソ判り難い。

まぁこの勤労女学生が造ったみたいな装置で電圧調整するワケ。

こりゃ爆発しそうだわ。

 

フィールドコイル使った発電機、しかも直流発電エジソン万歳な太古の発電システム。

故に流用出来るレギュレーターも限られてくるワケです。

良くあるレギュレーターはフィールドコイルの電圧管理(ON=OFFだけで良いんですが)機能なんてあるワケも無く、一時期のホンダ車であったレギュレーターは多分流用出来るハズですが、中古を使うには怖いお年頃。

新品?ナナハンエフのレギュレーターは当然ゴソウダンでした。

 

ゴミ漁りしてたら出てきたのが、

f:id:OVERFLOW:20220122225056j:plain

謎のスズキ用。初代S10かブーブー用か判りませんが、セル機能付き。

どれ位持つか判りませんが、取り敢えず動作確認してみるとOK。

ココでレギュレーターが充電不良の原因って事が確定。

なんともアナログな方法ですが、間違いないトラブルシューティング

 

H3E 高回転不調~ガバナー加工~

ナナハンとかゼッツーみたいに高回転で進角するってタイプじゃなく、セルダイ用。

セルダイ特有の「ゥウォン」ゆったりクランキング、この為に超低回転で遅角させる=始動性向上。

かかっちゃえば上死点前1,8mmに直ぐなります。

 

ただ、造りが悪くて・・・このガバナー。

ダイナモ固定ボルトと共締めなんで、どうしても軸にダメージいっちゃう仕組み。

その為、当初からマトモに動いてませんでした。

f:id:OVERFLOW:20220121171234j:plain

錘がプラ~ンとしてるのは、まともに動かんのでポンチ打って最大進角で固定してる為。

全くセルなんて使わないので、コレで良かったんですが、この前やったミッション交換の際に脱着したら何かが緩んだか壊れたか・・・多分カム部分が緩んだんだと思う。

 

f:id:OVERFLOW:20220121184116j:plain

f:id:OVERFLOW:20220121184118j:plain

ガバナーの進角機能全撤去。ワッシャで押し込んでカムを固定。

コレで点火のブレは完全に無くなり、とっつぁんバイクではありますが高回転も復活。

 

無事解決かと思いきや、今度は充電しておりません。

チャージランプ付きっぱなし、電圧測るとバッテリー持ち出し状態らしく吹かすと10V前後まで下がっちゃいます。

 

またチリル式か・・・もうやだ。

またアムロの父さん的な展開だよ。

H3E 高回転不調~イグニッションコイル交換~

この辺の部品に押されてるスタンプが昭和42年。

f:id:OVERFLOW:20220120184136j:plain

そりゃ壊れるよねぇ~55年前の電気部品。何時壊れてもおかしくない。

洗濯機や冷蔵庫だと怖くて使えないよね。

そう考えるとバイクはエライ?道楽で乗ってるヤツが多いダケか。

 

火花を見ると弱い&間欠泉モード。時々強かったりで気まぐれな感じ。

コレ経験上、まぁ間違いなくコイルっぽい。

コイルがイカレるからポイントやコンデンサもイク。

21世紀も20年チョイ経つのに昭和のポンコツバイクに乗ってるならポイントやコンデンサ換える前にまずはイグニッションコイルを換えとけと。

最近特に多いんだけどまぁ駄目になってるね、昭和40~50年代のイグニッションコイル

持って50年位なんでしょうかね。

コイル壊れてるのにポイント換えても無駄、ポイント屋が儲かるダケです。

 

下流のプラグがカブってるダケでもポイント接点バチバチ、濃い目の車両って接点荒れるんだろうなぁ~あくまで経験上ですが、点火系のトラブルはポイントに皺寄せがイク仕組みと思われます。

ですが、念の為上流からチェック。

バッテリーは充電済み、ポイントは数年前に換えたし荒れも無く良い感じ。

f:id:OVERFLOW:20220120184336j:plain

コンデンサは怪しいけど、赤火ってワケでもなくソコまで弱火でも無く。

問題は間欠泉。バッテリー点火なのに踏み始めからバチバチ来ないのがオカシイ。

 

で、フレーム内に収まってるコイルを外してみたら、

f:id:OVERFLOW:20220120214156j:plain

f:id:OVERFLOW:20220120214203j:plain

零式艦上戦闘機っぽいダイアモンドな三菱製コイルが出てきました。

こりゃ何時爆発してもおかしくないオーラが漂う逸品ですな。

そりゃ駄目になるだろうと、定番?のエリミネーター250用コイルに交換。

アレ系カワサキツイン用コイル、何個持ってるんだオレ。
f:id:OVERFLOW:20220120230024j:plain

当然、取り付け方法が全く違うので片っぽだけで固定。

多分大丈夫、イケるよ多分。

f:id:OVERFLOW:20220120203003j:plain

ココまで安定点火するようになり、作戦成功。

正常な火花だと音も違うねぇ~パチだったのがバチッ!って。

 

 

で、エンジンかけてみたら白煙減少というソコはどーでもいいってトコが直ったダケ。

相変わらずセニアカー、アイドリングや始動性はクソ安定してますが高回転はモンモンなっちゃって回りません。

なんじゃぁ~こりゃ。

 

タイミングライトで見てみたら点火がチャランポランなのが判明。

回転上がると45度位進んだり遅れたり。とにかくバラバラテキトー気まぐれ点火。

f:id:OVERFLOW:20220121171234j:plain

コイツか・・・高回転不調の原因は。

2型 クラッチワイヤー交換

狂暴化する前のハチジュウ。まだまだチビッコ向きな造りです。

f:id:OVERFLOW:20220121002327j:plain

エンジンはハスラー50にそっくり。って事は・・・って調べてみたらマメタンに積んで120km/hとか出てきてこりゃまたビックリ。

YZ80エンジンスワップはメジャーですが、RM80エンジンは穴場かも?そんなプレミアついてないし。

 

そして、昨今廃盤のオンパレードなスズキ純正部品。

ピストン、ガスケット・・・廃盤だらけでしたが、クラッチワイヤーは部品が出ました。f:id:OVERFLOW:20220121002334j:plain

ちょっと長さ違うけどハスラー50にもイケそうな予感。

確か503のクラッチワイヤーは廃盤だったハズ。

f:id:OVERFLOW:20220121002331j:plain

何かと共用なんだろうなぁ~と調べてみたらTF125と一緒。

ファームバイクのアレです。

TF125ってTS125系エンジンです。RM80とは別物。

全然エンジンの形状、取り付け方法が違うのに共通部品ケチなスズキの真骨頂、部品に合わせてエンジン造ってるのか?ってレベル。

ステップバーもTS502のヤツがボルトオンで付いたし、スズキの使い回し設計ホント最高です。

ホンダの真逆だな。

 

 

スズキのグローバルサイトでチェックしてみると、TF125は今年型も発表されてるみたいなんで、クラッチワイヤーに限っては部品供給は万全の構え。

プレス仕様 ワイヤー凍結対策

3月下旬並みの気温+ベタ雪で阿鼻驚嘆の地獄絵図と化した札幌市内。

そんなワケで今年も来ましたオレたちのサーキット、仲通りフープス絶賛営業中で毎日ピョンピョン飛び跳ねてる今日この頃。

 

今年も来ました、ワイヤー凍結のシーズン。

12月に清掃+オイル差しておいたんですが(グリス系は水溜め込むんで×という実験結果)やっぱ凍結しました。

夏の間に溜まった水分とかじゃなく、冬季間の結露か微細な水分混入があるんでしょうね。

 

overflow.hatenablog.com

2年前に新品交換。アウターの千切れとか錆とか不具合無し、破損個所はありません。

 

overflow.hatenablog.com

で、毎年凍結。

f:id:OVERFLOW:20220119004639j:plain

カブ特有のこの弛みが原因かと思います。

そりゃ水溜まるわって造り。

 

毎年オイル差すってのも学習能力ゼロ、チャレンジングスピリットが足りない。

ってなわけで、いにしえの技?

f:id:OVERFLOW:20220118235341j:plain

クーラントぶち込み。

じゃぁ最初から汁入れとけって作戦です。-40℃まで大丈夫みたいだしさ。

f:id:OVERFLOW:20220118235350j:plain

防錆効果もあるんだろうし、まぁ大丈夫だろうと。

さぁどうなるか。

 

内地の人は知らないかもしれませんが、寒冷地ではクーラントって便所の水とか自動ドアとかで間違った使い方的活躍をしております。

H3E 高回転不調~全部ノーマルに戻した~

モオモォいって吹けない、チョーク引こうがアクセル開度にかかわらず回らん。

キャブ弄った跡もチビチビ弄ってるんですが、全く変化なし。

ポート加工失敗の可能性大だよなぁ~と敗北宣言。武装解除の如く旧シリンダーに戻しても変わらず。

f:id:OVERFLOW:20220116185329j:plain

コレでポートやディスクカットが悪さしてる可能性は消えた。

クランクは元のまま、ミッションだけ部品取りエンジンから拝借してるワケなんで組間違いor脱着時に何かが壊れたか位しか思いつかないなぁ~あんま経験したことが無い不調具合。

かかりは良い、アイドリングはクソ安定してるのに上だけ回らないという謎現象を解き明かす一週間になりそう。

 

何か電気っぽいような気が・・・今週末までに直るか?

3号機(Y型) パーキングワイヤー交換

ワイヤー凍結にて交換。

冬にやりたくない作業ですが冬にならないと起こらない・・・諸行無常

f:id:OVERFLOW:20220114213621j:plain

再び、毛を剃ったポメラニアン状態に。

ジャイロシリーズはコレがねぇ~まぁ整備性は最悪。事あるごとにポメラニアン

f:id:OVERFLOW:20220114214324j:plain

f:id:OVERFLOW:20220114214334j:plain

f:id:OVERFLOW:20220114214426j:plain

部品供給は当分安泰っぽい。

マイナーチェンジ(J10→J11)後の純正ワイヤーはデリケートゾーンに対策済み。

↓J10

f:id:OVERFLOW:20220114220531j:plain

↓J11

f:id:OVERFLOW:20220115164800j:plain

ブレーキもそうなんですが、リアホイール裏の劣化しやすい部分に白い樹脂チューブがついてます。

 

交換はホンダイズムの真骨頂を堪能できるんでオススメ。

頭の良い人が図面引いたんだねぇ~凄いねぇ凝ってるねぇ・・・なんて脳みそをホット激オコプンプン丸にしてくれます。

ビジバイでコレは無いだろ。

 

どうしてこうなった?ってホンダあるあるな箇所。

f:id:OVERFLOW:20220114215436j:plain

ステッププレートを外せば若干やりやすくなるんですが、ボルトがぁゃぅぃんで外したくないという状態。

そうなると「曲がった事は許しません」的なホンダイズムが牙を剥きます。

f:id:OVERFLOW:20220114215508j:plain

ピンセットなんか使ってプルップルしながらムハンマド様お願い💛みたいな。

f:id:OVERFLOW:20220114215500j:plain

何故割りピンなんだ?もうチョイ何とかならんのココとか思いつつ、差し込むワケ。

コレがホンダイズム。可愛げの無い無慈悲な構造。

ホンダはこういうの多いよねぇ~ミラクル頼みな構造と特殊規格。

 

ワイヤー固着箇所はジャイロシリーズ共通?の右タイヤ奥。

f:id:OVERFLOW:20220114220541j:plain

ボコボコしてるトコが凍って錆びて×。

応急処置ですが、多少の凍結なら手で握って解除できます。
あぁ~懐かしいなぁジャイロUP時代。

このぐらいの暖気入ると凍結と解凍を繰り返す事になって何かと不調になるんだよね。

アイシングとかワイヤー凍結とか。

道もジャイロ向きじゃないザクザク路面だし。

 

再び真冬日になるのを祈りましょう。