RV90 キャブ清掃


エアクリーナーエレメントの残骸が大量に付着。こりゃ、調子悪かったでしょうね。
因みに、エレメントは新品に交換してありました。詰めが甘い前オーナーの仕事を完成させるってワケ。


内部はまあまあ綺麗(写真忘れた)だったのでスプレータイプのキャブクリで清掃。
キャブが納まる部分もマジックリンで清掃。やっぱしつこい汚れにはマジックリンだねぇ。


組み立て後にオイルポンプの開度調整。
スズキのロータリーディスクバルブって、反対側を見なきゃならないからちょっとあわせ難い。
シビアに合わせたいなら、アイドリング調整とかワイヤー遊びを全開ギッチギチにして強制的にスロットルバルブを開いた状態にしておくと良いかもね。今、閃いただけなので成功するかどうかは不明ですが。


オイルポンプはスプロケット裏にあります。
スロットルバルブの○をベンチュリー上部に隠れ始める位置で、

切り欠きが一致するように調整します。この車両はバッチリ合ってましたので、確認のみってことになりました。


オイルポンプ周りを弄ってると、懐かしいカストロールスーパースポーツ臭が。
90年代初頭の原チャ小僧臭。若かりし頃を思い出します。
スーパースポーツって今変なプレミア付いてて、ヤフオクでとんでもない値段で取引されてたりします。
良かったね、新オーナー。プレミアオイル入りだ。