H3 DT125のスロットルホルダーを流用

DT125(2N0)のヤツを流用します。以前乗ってた時に無駄に増えた予備中古部品、さっさと整理しないとね。


DT125はフラマグ、H3はバッテリー点火なのでキルスイッチを加工する必要あり。

先ず分解。ホンダと違って接点飛び出さない親切設計、良いですね。
カブのハンドルスイッチ接点組み立てなんて地獄だもん。

ハンドルにもアースしてます。バッテリー点火だと、そのまま付けたら配線炎上しちゃいますからカット。
DT125ってハンドルにウインカーがぶら下がってる都合、ココからアースって訳でしょう。
導通あり=RUNになるので、

シールひっくり返しました。原始的な方法ですがコレが一番確実。
3接点で1個余ってたら半田付け直しでそのままいけるんですが、2接点しか無いのね、DT125は。


レーサー仕様なのでメインキー要らずに出来そうですが、サイドカバーの留めネジ兼用なメインキー。
メインキー無いとサイドカバーを付けれませんが、どうしましょうかね?イレズミ搭乗員。