SRV250 セルが時々回らない〜カチッ〜

10回に1回ぐらい「カチッ」ってリレー作動音のみでセルが回らない時があります。
まあ、セルのブラシが腐ってるんだろうねと、

ばらしてみたら、凄く綺麗。ブラシの磨耗も少なめだし・・・手応えないなぁ。
せっかくバラしたし、とりあえず清掃。

ターミナルのプラスネジが錆びてたんで、交換。コレか?
とセル回したら、5~6回目に「カチッ」。
違ったみたい。


続いては、

スタータースイッチの接点清掃。理由は判らんけど、ココの接触が悪いとカチッは言うんだけどセル回らんって現象に遭遇した事あり。(車両はZXR400)
残念ながら「カチッ」



続いてリレーのターミナル清掃。
ヒューズ端子やコネクターも清掃。
しかし「カチッ」



続いてアース線。スプロケ裏の配線ガード裏に共締めで固定されておりました。
単独で固定したほうが確実じゃね?と、

1個上のケースボルトでの固定に変更。アンチシーズべっとり塗っておきました。(錆止めね。)
ついでに、セルモーターの固定ボルトにもアンチシーズ塗布しました。


クラッチスイッチの接点清掃。

接触不良でずーとOFFでしたが、クラッチを握るとON→イグナイターにダメダメと伝えるって仕組みなんでカチッには関係ないハズ。けれども、安全装置は作動したほうが良いので直しておきました。


ココで、いくらセル回しても「カチッ」現象が発生しなくなりました。
セルリレーの接点動かしまくったから、酸化皮膜取れたか?
手応えナシなんですが、まあ・・・残尿感あり的な修理となりました。