スズキビジネス

GA50 スロットルワイヤー交換

当時物(っつっても今も売ってますが)のK50用を付けてみました。 K50用はちょっと長め。 それと大きく違ったのが、分岐後のキャブワイヤー。 K50のほうがインナーが長く、装着不可でした。未確認ですが、オイルポンプワイヤも違うかも? 結局、上半分だけ使…

チョイノリ2号機 キャブレター交換

アクセルを開けるともたつく、始動性イマイチ、排ガス臭い。 暖気完了と同時ぐらい?から超もたついてエンストする。 その際、チョーク引っ張ると何故か加速するけどプラグは真っ黒という教科書通りにいかないキャブレターの世界。 このカスタムピィープルな…

チョイノリ リアフェンダー取り付け

新品で3,056円、ヤフオクで色褪せた中古を買う気にならない価格。 ヤフオクやる前に純正新品の在庫&値段をチェックって、ベテランはやりたがらないよねぇ~何故か。 グロメットとかカラーとか取り付けネジ付き。

チョイノリ エアクリーナーの蓋と具を装着

ニセファンネル?キャブ側だけを残して直キャブ状態だったんで・・・。 エレメントはシートから自作しました。 蓋は前期後期が有るんで注意。 後期はツメ付きなんで、互換性無し。

GA50 タンク清掃 その3

PROTOOLの錆取り液の実力や如何に? 泡立ちが凄い! これは今までの錆取り液には無かった現象。中性の錆取り液なんだけど、台所用中性洗剤クラスの泡立ち。 普通に水を流すだけじゃ中々泡が消えないんで、エアブローして消泡。 ↓内部状況 ピントが合わないレ…

GA50 タンク清掃 その2

錆取り液が緑色っぽく変色してるんですが、こうなっちゃうと寿命。 ↓内部状況 細かいのが残ってますね。 ↓本日の戦果 もうちょいいける?残り汁を拷問部屋にぶら下がってたR&Pのタンクに投入。 錆取り液をチェンジしてみるという大英断。 従来比30%向上らし…

GA50 レバー形状

バンバン50とかアノ辺と一緒っぽいね。多分。

GA50 ハンドル交換

ぐんにゃり曲がってるんで交換する訳なんですが、配線が中通し。 これって面倒なんだよねぇ~下手すりゃ千切れちゃうし、カチカチのアウターが邪魔するし。 取り外しはまぁまぁ気合でイケちゃうから、 ガチャで巻巻き。 何とか抜けたんで、次はハーネスを通…

GA50 キャブレター清掃

この車両、走行距離少ないアピールありだったんですが、 コレ見ると走行距離なんて、ホントどーでも良いと思います。 逆に距離稼いでる車両のほうが、最近まで乗ってた可能性も出てくるわけで。 2万キロ以上走ってる原付って余り見ないけどねぇ~中古車業界の…

GA50 ポイント清掃、点火系統チェック

国産電機と日本電装の2種類あるみたいです。 この車両は日本電装。コッチのほうが部品供給宜し。 またまた火花が弱い。 もうコレ、スズキのフラマグ全般に発生する弱点と言っても良いんでないかい? ・IGコイルをとっかえひっかえ ・フライホイールからの配…

GA50 タンク清掃

芳醇な香りが充満しております。 臭いの割に案外マトモな内部状況。 腐りの進化過程を見たような・・・ココから前面に渡ってウンチまみれになっていくのかな? 何時もの如く、中性洗剤お湯割り満タンで数時間放置。 その後洗浄ガンで大雑把に清掃。 ↓本日の…

GA50 各部チェック

カテゴリー何にしようか迷ったけど、まぁビジネスでいいか。 このバイク、AS50の使い回し最終形態と読んだ。排気量違うけどT20→T250→GT250みたいな。 このエンジン、横シリンダーでは珍しい5速ミッションなんだぜぇ~後年のKシリーズと互換性がありそうな無さ…

チョイノリ2号機 キャブレター清掃

腐りは殆どなし。 腐ってるように見えるけど、大半は泥、泥、泥。 フェンダーレス+直キャブで走ってたっぽい・・・トホホでございます。 オイルを抜いてみると、 ガンメタ・・・長くは持たんか。

八剣山 第二戦

朝5時起き。7時半現着。 旭日が美しい。 突貫作業で間に有ったA100、無事出走。 イレ様はシノギが忙しくて不参加、総裁もマシンが大破したから?不参加となり今回はビンテージとっつぁん系はライバル不在、本気っぽい格好良いモトクロッサー系のオンパレードで…

A100 クランクシール

↓右シール AE1327G やっぱ形状が違いました。元々付いてたシールだとプライマリーギアが干渉する可能性大。 だからナット緩めな方向だった? ↓左クランクシール 刻印側外周、内に入らないようにリップというか、リブ的な形状。

A100 クランクベアリング組み込み

今日はなまらシバテレル。ただ今の気温氷点下12度であります。 全道的に似たような気温の寒波ってのも珍しい。案外、朱鞠内とか下がってないんだよね。 ↓右ベアリング リングにより外側に飛び出しません。 ディスクバルブ側 ↓左ベアリング 2個ともケース側は…

A100 クランクベアリング

↓フライホイール側(外側) 右は付いてたシールベアリング。当たり前ですが、純正は開放型です。 ↓フライホイール側(内側) こちらも当たり前の開放型ですが溝付きタイプ。リング等は付属しません。 パーツリストを参照しても溝に嵌めるリング的な部品は無…

A100 クランクとクランクベアリングチェック

フライホイール側のベアリング2丁掛けという、スズキ独自のメカニズム。 唯一無二?超強そうな構造なので、コッチの嵌め合いがキツイという他メーカー同様な構造。 変態メーカーと昨今呼ばれてるスズキの2ストって、右(プライマリギア)クランクベアリング…

A100 エンジン取り外し その2(ほぼ分解)

はてなダイアリーから移動して約1週間が経ちました。 使い勝手は激変しましたが、基本コッチのほうがハイテクで使いやすい感じではあります。 ポイント点火からステップ進角のCDIに変わったみたいな感じ。 で、今まで一度も使った事が無いハイテク機能=アク…

A100 エンジン取り外し

センタースタンドを取り外してあるので、エンジンマウントを外す時にどうするの?って問題。 タンデムステップ取り付け穴にDT200Rのサイドスタンドを付けてみました。 これがまた予想外な結果、見た目より意外と安定しております。 だから、プレスカブとか配…

A100 プライマリーギア固定部ネジ山修正

近場のホダカとかビバホームとか行ってみたんだけど、タップはあれどダイスは在庫無し。 そりゃそうだよね、そんなバカデカイダイスって使わないよね。 おっさんに借りた鋸目ヤスリでシコシコやってみたんだけど、ラチあかないなぁ~なんて思いつつ作業して…

A100 クラッチディスク交換

部番は当然変更あり 摩擦材の形状も変更。現代のテクノロジー投入? で、一番大変な作業「清掃」酸っぱい臭い有りの黒ずみが中々手ごわい。 ハウジングも綺麗になりましたので、そんじゃ楽しい組立作業開始と思いきや、 クランク側がナメてました。 何だか凸…

A100 クラッチアジャスター(交換前と後の比較)

出っ張りが少ない=ディスクが薄いって事でOK? ↑交換後 2山位へっこんだね。

A100 プライマリーギアナット

ナット側がナメ気味で良かった。 何だかピッチが違う様な緩めた時の手応え。

A100改 クラッチ状態確認

何速入れても全く動かないし、何速に入れてクラッチ繋いでも若干の抵抗感がありながらもリアタイヤが回る状態。 プラスアタマがナメかかってる=開封歴有り。 別に開けてあってもシッカリしてれば良いんですが、頭ナメナメレベルのご開帳ですから、とっても…

最終テスト走行

昨夜、仕上げたH3改。 2019年型は言いすぎか。 テスト結果は上々らしく、滅茶苦茶安定性が上がったとの事。 DT50フォークはDT50ステムで使えば全く問題ないという、当たり前といえば当たり前の結果。 裏ストレート?で、A100をパッシングしたのには痺れまし…

新聞バーディー(BA43A) スイングアーム交換

何でスイングアームなんて換えるの?って思った貴方に、是非見て頂きたいスズキのやる気。 普通、折れるか? キャストホイールがシャシーにハードブロー、とにかく足回りがガタガタになる新聞バーディー。 ベアリング、フロントサスやスイングアームピボット…

ぼんず山走行会にて

本日、賑々しく?オープンとなりました。騒音問題は多分ない、いや逆に人恋しくなるレベルの秘境、夏場は絶対ヒグマでそうな山中です。 コース幅は広いのですが、キャタが乗った部分以外はフッカフカでスタック地獄。 結局はキャタ跡を走行、八剣山同様スロ…

1970 スズキ輸出仕様のキャブデータ

A90 AS90 キャブレターセッティングデータ

雪隠グ。 1970年代前半までの当時物パーツリストは要注意。 1980年代中頃の部番大変更にキャブ、ベアリング、シールなど専業メーカー外注品の旧品番が非対応(コレ系はスズキのコンピューターが対応して無い)古いバイクは該当ナシ。ノットファウンドでござ…